赤坂国際法律事務所

​国際相続相談窓口

​あなたの大切な思いを、かたちにしませんか?

専門の弁護士が国際相続を支えます。

 

​相続財産は今日多様化が進み、もはや土地建物、預金だけではありません。

会社の株式や絵画などの美術品等、有形無形の財産があります。弊所では財産種別ごとに、適切に対応いたします。

​特に弊所の相続チームは、相続案件の中でも特殊な芸術家の相続にも多く携わってきたエキスパートを擁し、多岐にわたるご相談に対応可能です。

 
経験豊富なスタッフ

不動産売買、絵画の売買、骨董品の売買など、積極的に対応し、価値のあるものを換価していきます。

 
業務実績

​海外の実績(欧州、アジア、アメリカなど)の実績だけではなく、日本での実績もあるので安心です。

 
まずはお気軽にご相談ください

​下のお問い合わせをクリックしてください。

  • LinkedInの社会のアイコン
  • Facebook
  • Twitter
新着情報

海外物件につき居座り屋に注意

大きな別荘を購入する場合、その管理をしなければなりません。たまに、その中には居座り屋がいます。勝手に別荘を乗っ取り、お金を要求する人間です。 海外でそうした事件があり、幸い追い出すことができましたが、冬ですと追い出すのに猶予などが必要になったりします。...

富裕層が相続を考える前に

そもそも、相続をするよりも、優秀な人材(ベンチャー)に投資をして、そこに株主として子供をショインさせれば良いことであろう。 少なくても優秀な人材と知り合うことができればそれが一番の財産であったりする。 投資は、1番リターンが来やすく、技術とマーケットの見極めさえ出来れば可能...