アメリカにおける相続手続

アメリカには50もの州があり、各州が独自の法律に基づき手続きが行われます。そのため相続における定型が存在せず、一概にご説明できないことが大きなポイントです。

ソーシャルセキュリティナンバーや納税者番号など日本に存在しないような手続きもあります。

例えばカリフォルニア州の場合、検認裁判所(Probate)が要求されます。例外的に遺言や信託(Trust)がある場合を除き、手続きを裁判所でやってもらう必要があります。

土地などをお持ちの場合は、どのように処理するかを検討されておくことをおすすめします。

​それぞれの州により手続きが異なる以上、ご自分で法律を確認し一から対応するには時間がかかり、心身の大きなご負担になりかねません。

弊所ではアメリカ法に通じた所長の角田をはじめ経験豊富な内外多言語メンバーによる簡潔かつ効果的なサポートをご提供いたします。

どうぞお気軽にお問合せください。